読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉が伝えるもの

かわいい便箋に書かれた手紙を見ると、
何故か、その文章はかわいく見える。

たとえ、拙い文章だったとしても、
その拙ささえ、かわいらしさに転換されてしまう。

便箋のデザインは、文章のイメージを方向付けてくれるし、
足りないものを補完してくれる。
だからきっと、その文章はかわいく見えるんだ。

だけど、そこに書かれた文章が、
書き手の気持ちや想いを深く反映した、
稀代の名文であった場合はどうか。

便箋が視覚的に演出するその世界観に、
文章に込められた書き手の想いが、
縛られてしまうことはないだろうか。

言葉に込めた思いを、読み手にそのまま伝えたい。
そんなあなたのためのブログテーマを作りました。

名前をwriteといいます。

テーマの使い方

このテーマの使い方を説明します。

まずは、テーマストアからテーマをインストールします。
テーマのインストールが完了したら、
そのまま、ブログのダッシュボードを開きましょう。

まずは、レスポンシブデザインの設定から。

デザイン設定ページのスマートフォン項目にある
詳細設定の「レスポンシブデザイン」にチェックを入れ、保存します。
次に、設定ページにある詳細設定を開き、
「headに要素を追加」に以下の内容を記載しましょう。

<meta name="viewport" content="width=device-width, minimum-scale=1.0, maximum-scale=1.0, initial-scale=1">

もし、あなたがはてなブログProユーザーなら、好みに応じて、
「ブログにヘッダとフッタを表示しない(PC版のみ)」を有効にしても良いですね。
ヘッダとフッタが非表示になることで、画面の要素がすっきりして、
より文章に集中できるページになるでしょう。

PC版のみと書いてありますが、レスポンシブデザインなら、
スマートフォンにも適用できるので安心して下さい。

これで、テーマの導入作業は終わりです。
簡単でしたね。